プレスリリース 2009.10,27「ROPID」遂に完成!
躍動感ある動作を特長とする ヒューマノイドロボット発表
 京都大学VBL入居ベンチャーの株式会社ロボ・ガレージ(代表取締役 高橋智隆)は、2007年に京都大学を通じて出願していた特許技術を基に、「走る」「ジャンプ」といった素早い動作を特徴とするヒューマノイドロボット「ロピッド」(ROPID)を開発いたしました。
ROPID ロピッド
開発の背景
人間との円滑なコミュニケーションの実現の為、ヒューマノイドロボットの外観デザイン、動作デザインの重要度は増しています。故に、多自由度のロボットにおいて、素早く、そして滑らかな動きを実現することが求められてきました。
スペックへ 特徴・動作映像
ロボットの内容に関するお問い合わせ
close